シャンプーの効果を上げるブラッシング

ブラッシングと聞いてイメージするのは「髪の毛をとかす」という事ではないでしょうか。

でも、実はブラッシングをするのは、それ以外にもシャンプーの効果を高めるという役割が

ある事を覚えておいた方がいいでしょう。

ブラッシング

 

ブラッシングでなぜシャンプーの効果が高まるのか?

 

ブラッシングには、埃やチリなどの汚れを頭皮や髪から取り除いて

頭皮の皮脂を髪全体に行き渡らせるという目的があります。

 

これにより、その後のシャンプーの効果を上げるという事にも繋がります。

 

また、頭皮に適度の刺激を与える事で、マッサージ効果もあります。

つまり頭皮の血行を促進するという事ですね

 

ですので、シャンプー前に軽くブラッシングをすると非常に効果的です。

 

シャンプー前におこなうブラッシングの注意点

 

上記で述べた様に、ブラッシングは頭皮や髪の美容を考えると

おすすめするものですが、注意点もあります。

 

まず、一番起こりうるものとして、無理にブラッシングを

して髪の毛を痛めるという事です。

 

この場合、無理にブラッシングで髪の毛を引っ張るのではなく

徐々に毛先から上(頭頂部)へ向けて優しくゆっくりと、

何かに分けてやるイメージを持つといいと思います。

 

また、ブラッシングで怖いのが静電気です。

これは、髪の毛を乾燥させる恐れがあるので、出来れば

ナイロン製は避けて、静電気防止機能のあるブラシを選ぶと良いでしょう。

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ