リンスとトリートメントの違いは?

リンスとトリートメントの違いがあるのをご存じですか?

意外と同じと思っている方もいるかもしれません。

しかし、リンスとトリートメントは、違いがあります。

 

リンスとトリートメント

 

 

リンスとトリートメントを使う意味は?

 

違いを語る前に、そもそもリンスとトリートメントは必要なのでしょうか?

この二つは、シャンプー後に髪の毛がきしんだりする場合に

油分を補う為に使用します。

 

シャンプーは使用する際に洗浄力が強い場合には、脱脂力が強く

パサパサになってしまう時もあります。

 

そういった場合に保護、保湿、油分を補う目的で、リンスとトリートメントは必要なわけです。

リンスとトリートメントの具体的な違うポイント

 

ここで、リンスとトリートメントの大きな違いですが

それは、外側と内側とどちらに働きかえけるかによって違います。

ちなみに外側はリンス、内側がトリートメントです。

これが、リンスとトリートメントの違いです。

 

リンスはどう作用するの?

 

ちなみに、コンディショナーというのはリンスと同じです。

このリンスとコンディショナーは、髪の毛の傷んだ表面に膜をはって

コーティングします。

 

表面をコーティングする事で

保湿、ツヤツヤ感などを改善したり、静電気から守ってくれる役割です。

 

トリートメントの役割は?

 

反対に、トリートメントは髪の毛のより内部まで浸透します。

髪の毛の傷みを、内部から補修したり、保水力を高める役割です。

より内側から、髪の毛をリペアしてくれるのがトリートメントなんですね。

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ