市販のシャンプーをコスパで選ぶ時の考え方

今回は、市販のシャンプーをコスパで選ぶ時の考え方について書いていきます。

 

市販のシャンプーの本当に様々な種類のモノが販売されています。

例えば、髪質(ダメージヘア用や柔らかい髪など)によって商品が販売されていたり

しっとりやサラサラなどの仕上がり感などによってもカテゴライズされます。

 

それから値段も高いものから安いものまで

売られていて、消費者としては迷ってしまいます。

シャンプー

 

市販のシャンプーのコスパとは?

 

コスパは、値段に対してのパフォーマンスを言います。

ただ、一言でコスパと言っても値段に対して

どういう風に価値を感じるかなのでかなり主観的な部分があります。

 

ただ、一つ言える事は

 

私は過去に色々なシャンプーを試してきましたが

やはり、シャンプーは値段が一般的に高いもの程

成分も良いものが使われているので、良質な傾向にあります。

 

安いものは、それなりの成分が使われているし

界面活性剤などを見ても何年か先の事を考えると

頭皮の健康を考えると心配になってきます。

 

もちろん、安くて良いシャンプーであれば

それに越した事はないですが

値段ばかりで選んで将来髪の毛に影響を考えると

本当に安いシャンプーなのか?という事です。

 

そういった部分も含めてシャンプーのコスパを

考える必要があると私は思います。

 

コスパだけではないシャンプー選び

 

それから、シャンプー選びには重要なポイントがあります。

それから、シャンプーのコスパ以前に

まず、頭皮に合っているかどうかという問題もでてきます。

 

シャンプーの性質を大きくわけるのは

「界面活性剤」の種類です。

 

この界面活性剤によって

洗浄力が強かったり、優しかったりします。

 

これは、頭皮や髪によって

どんなシャンプーがいいかは異なります。

 

つまり、Aという人にはコスパの良いシャンプーでも

Bという人にとっては、全く良くないという現象も十分に考えられます。

 

以上の点も含めてシャンプー選びをすると

真のコスパの良いシャンプーに巡り合えると思います。

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ