知っおこう!シャンプーの界面活性剤

シャンプーには「界面活性剤」という成分が使われています。

この界面活性剤は、種類によってお肌への刺激や髪への影響を決定します。

ある種、シャンプーの質を左右するものです。

ここでは、シャンプーに使われるこの「界面活性剤」ついて解説していきます。

知っおこう!シャンプーの界面活性剤

 

なぜ、シャンプーに界面活性剤は使われているの?

 

界面活性剤の界面とは、水と油の境界線を指します。

つまり、本来であれば性質上混ざり合う事のない「水」と「油」を

交じり合う様に「活性」させるから界面活性剤なのですね。

 

人の頭皮は、皮脂が分泌されています。

この皮脂は、酸化すると「過酸化皮質」と呼ばれる物質になりますので

フケや頭皮の痒み、髪のダメージ、悪臭、抜け毛などの原因になります。

ですので、頭皮の皮脂を取り除いてあげるのがシャンプー(界面活性剤)の役割です。

 

これは、水だけでは不可能なので界面活性剤が必要な理由があります。

 

 

シャンプーの界面活性剤の種類について

 

但し、シャンプーの界面活性剤は種類があります。

この界面活性剤の種類によってシャンプーの洗浄力や肌への刺激は左右されます。

まず、シャンプーに使われる界面活性剤の種類とメリット&デメリットを紹介していきます。

 

シャンプーの界面活性剤「石油系」

 

石油から合成した界面活性剤で安価で洗浄力が強いです。

一方で、頭皮や毛髪の乾燥や長期の使用で新しい髪の毛が

痩せてくるなので恐れがあります。

 

シャンプーの界面活性剤「高級アルコール」

 

市販のシャンプーで多く使われているのがこの高級アルコールです。

鉄鋼物や動物性油脂を原料として洗浄力は強いです。

オイリー肌の方には向いている反面、頭皮の弱い方や皮脂分泌の少ない女性

などは、刺激が強すぎる事もあります。

 

シャンプーの界面活性剤「石鹸系」

 

脂肪酸ナトリウムから作られる合成界面活性剤です。

洗浄力は強いですが、刺激は比較的マイルドです。

但し、長期間の使用で髪の毛が乾燥して痛む恐れがあります。

特にパーマやカラーリング後は要注意です。

髪の毛が長い方などは向かないシャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプー

 

頭皮に優しく安心できる界面活性剤です。

アミノ酸は、髪の毛や皮膚の成分と同じですので

敏感肌、アトピーでも使用できます。

また頭皮トラブルがある人にもおすすめです。

 

但し、洗浄力は他のシャンプーと比較して落ちますんで

時間をかけて丁寧に洗う必要があります。

また、原価が高いので商品の値段も比例して高いという

デメリットもあります。

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ