石鹸系シャンプーはおすすめできるのか?

シャンプーには石鹸系シャンプーがあります。

こちらも石油系とは違い、優しい洗い心地が特徴なのですが、一つ気になるデメリットがあります。
それは、石鹸シャンプーの場合は、どうしても石鹸の成分である石鹸カスが、水で濡れてキューティクルが開いた状態にある髪の毛の中に入り込んでしまうことです。
石鹸シャンプーはさまざまなメーカーが発売していて、どのメーカーも良心的に作っていますが、

どうしてもこの石鹸カスの問題は完全には解消できないようです。
もし、石鹸シャンプーを使っていてリンスやトリートメントをしても髪の毛が荒れてしまう、という人は、

一度アミノ酸系シャンプー等に変えてみましょう。

石油系シャンプー

石鹸系シャンプーはおすすめできるか?の特徴とデメリットとは?

 

また、シャンプー等の洗浄成分を使う場合に、界面活性剤の事を気にされる方も多いかと思います。
以前より改良されてきたために、水質汚染を引き起こすような強い界面活性剤は現在では使用されなくなりましたが、「界面活性剤」というと悪いものの代名詞に聞こえます。
しかし、「水と油を混ぜ合わせるもの」は大まかに言えば全てが「界面活性剤」なのです。
全ての洗浄成分は、水溶性のものと油溶性を混ぜ合わせて汚れを落とすものです。

ですから、石鹸の洗浄成分も界面活性剤ですし、シャンプーやボディーソープの洗浄成分も界面活性剤なのです。
この中で、石鹸やアミノ酸系洗浄成分は生物分解性という自然に帰る力が強く、ほとんどが短時間で分解されてしまうのですが、石油由来の洗浄成分の場合は分解に時間がかかり、自然に影響が出やすいのです。

環境から考える石鹸系シャンプーの成分

 

肌に優しいから、環境にも優しい、と考えれば判りやすいですね。
もちろん、繰り返しになりますが、現在使用されている石油由来の洗浄成分も、

以前のものとは段違いに環境にも優しく改良されていますので、そのものが悪い訳ではありません。

ですが、気持ちの問題として、やはり少しでも環境に優しいものを使いたいものです。

 

石鹸系を含めたシャンプーの使い方の注意点

 

もう1点、注意しなければいけないのは、どんなシャンプーでも化粧品でも、その容量に合わせて

保存料が調整されています。

シャンプー等は量が少なくなって使いづらくなると、つい水で薄めてしまう人がいるかもしれませんが、

これは残りの成分の劣化を進める原因になりますので、絶対に薄めないようにしましょう。

洗浄成分を薄めるばかりか、保存料まで薄められてしまい、時には思わぬ菌の繁殖を促してしまうことがあり、肌を痛める原因にもなります。これは絶対に避けましょう。

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ